環境への取り組み

資源の枯渇防止

資源循環の促進

3Rの推進

ものづくりを行う上で、限りある資源を可能な限り有効に利用する事を目的に、永続的に取り組むべき活動として各領域において発展的推進につとめています。

そのための施策として、

  • 製造部品の軽量化・小型化
  • 水資源の有効活用
  • 3Rの推進
    Reduce(発生抑制)
    Reuse(再使用)
    Recycle(再生利用)

に取り組んでいます。

製造部品の軽量化・小型化

製品アセスメント評価実施

製品を設計する段階において、当該製品が環境にどのような影響を与えるか、また与える可能性があるかについて調査・認識・把握・特定し、環境負荷を低減する。

マグネシウムダイカストの拡大、ガスアシスト成形の拡大

マグネシウムダイカスト

ガスアシスト成形

水資源の有効活用【国内拠点】

めっきバレル工程への定流量弁取付【宮崎工場】

塗装ブース循環水ピットの補給水削減

【内容】
水を多量に使用するめっきバレル工程に定流量弁を取付け、圧力差をなくすことで過不足ない水の使用が可能となりました。

【効果】
水削減量 22.8ton / 年

水資源の有効活用【海外拠点】

塗装前処理の脱脂用水の変更【HLG】

散水器変更

【内容】
脱脂工程に水洗循環水を利用できるように設備を改善しました。

【効果】
水削減量 4,992立法メートル / 年

塗装工程排水処理のpH値適正改善【HLT】

塗装ブース循環水ピットの補給水削減

【内容】
塗装部品洗浄からの排水が高pH値となった為、排水基準(pH値 5.5-9)を順守するために、硫酸をpH値が5.5-5.7になるように薬注し、PACなどにより凝集沈殿処理効果を高め、安定した排水を放流することができました。

【効果】
水削減量 450立法メートル / 年

洗面台のプッシュボタン時間調整【HLM】

めっき工場排水リサイクル装置新設

【内容】
各エリアのトイレや食堂の洗面台において、水が流れる時間を10秒から5秒間に調節しました。

【効果】
水削減量 (計測中)立法メートル / 年

地下水道管の漏水対策【HLB】

密閉式冷却塔導入

【内容】
2015年下期から、水使用量の増加傾向が見られた。理由は食堂の建物で地下水道管から水漏れが原因でした。そこで、地下水道管を廃止して、地上水道管に変更することで、漏水を防止することができました。

【効果】
水削減量 794立法メートル / 年

受水槽の定期メンテ時の排水量の削減【HLS】

クロメートライン水洗工程改善

【内容】
受水槽の底に残る水をポンプで吸い上げて給水塔へ送ることで排水量の削減ができました。

【効果】
水削減量 20立法メートル / 年

冷却塔設備の改善及び清掃用水の有効活用【HLV】

樹脂成形工程チラー導入

【内容】
◎冷却塔改善
 ①水温センサーによるファンの稼働の制御
 ②ファンの構造を改造し冷却効果UP
 ③フロートを調整して補給水量を削減
◎RO排水再利用
 ④ROシステムの廃水を、社員食堂の床清掃用に利用

【効果】
水削減量 2,125立法メートル / 年

塗装ブースピット清掃の削減【HL-A】

樹脂成形工程チラー導入

【内容】
塗装ブースピットは6ヶ月ごとに清掃されていましたが、浮上吸引式スキマー装置を導入することで、年1回の清掃が可能となりました。 この施策により、水の量が削減され、ピットの清掃費用も削減されました。

【効果】
水削減量 146立法メートル / 年

廃棄物削減施策【海外拠点】

通い箱の再利用【HLG】

水溶性廃油処理の社内取込み

【内容】
過去に使用していた格納箱を改造し、また現在使っている箱を新機種に使います。施策を通じて、 過去機種の箱が再利用でき、新機種の箱も購入する必要がなくなりました。

【効果】
廃棄物削減量 2.3ton / 年

コードに色マーキング不具合によるコード不良の廃棄物削減【HLT】

返還式周転箱の使用

【内容】
マーク位置のバラツキによる不良率を削減する為、コード色マーキング用治具を両面でマーク出来る様に改造し、マークヘッドセット・マーク距離指定セット・コード入れセットで分けました。

【効果】
廃棄物削減量 1.22ton / 年

梱包用のストレッチフィルムをバンドに変更【HLW】

塗装シンナー再利用

【内容】
梱包用ストレッチフィルムをバンドに変更することで、ストレッチフィルムの購入コスト削減と共に廃棄物を削減でき、作業効率も上がりました。

【効果】
ビニールテープ削減量 720巻 / 年

印刷用紙の無駄遣い廃止【HLM】

塗装ブースピット循環水の水質浄化

【内容】
各課にて予算内で購入していた印刷用紙を総務課にて一括管理し、供給を制限しました。また、IT部門が各自印刷時のパスワードを与え、パスワード入力後に印刷ができるよう設定し、印刷用紙の過剰消費を抑えました。

【効果】
廃棄物削減量 2.3ton / 年

食堂で発生している残飯ゴミの処理方法の改善【HLW】

軍手の社内再利用

【内容】
食堂で発生している残飯ゴミはマナウスの廃棄物処理場にて処分していましたが、農場へ搬送することにより、農場で家畜の食料として廃棄コストをゼロにしました。

【効果】
廃棄物削減量 4.46ton / 年

塗装ハンガー剥離工程からの廃棄物の削減【HLI】

ウエスの社内再利用

【内容】
塗料にさらされたハンガーは、再使用する前に剥離作業を行う必要があります。この剥離工程を自社で実施していましたが、コストが安い専門のサプライヤーに委託することによって、廃棄ハンガーを減らすことができました。

【効果】
廃棄物削減量 4.5ton / 年

工場内再利用よるウエス処理の削減【HLV】

塗料ポンプ更新

【内容】
組立部門では、アルコール、グリース、インクなどを拭き取ったウエスを、鋳造や樹脂部門にて再利用し、ウエス廃棄量を削減しました。
・樹脂部門:機械や型拭き取りに再利用
・鋳造部門:機械下吸収のために再利用

【効果】
廃棄物削減量 408kg / 年