環境への取り組み

地球温暖化防止

低炭素企業活動

GHGの削減

省エネ・省資源の取組みは、単独・独立したものではなく、

  • 開発による仕様の進化(小型化・軽量化)
  • 品質の向上(歩留まり向上、不良ロス削減)
  • 高効率化(サイクルタイム短縮、工程ロス削減)

によって、消費エネルギー・消費電力の削減ができます。

これは、コスト削減に直結し、ひいては企業体質強化へとつながる取組みです。

消費エネルギー原単位推移表

2013年度対比CO2売上高原単位推移表

2014年度~2016年度については、2016年度末までに2013年度比▲3%を 目標に設定し、推進しています。
※2014~2015実績においては、生産変動影響により目標以上の数値になりました。

省エネ施策