環境への取り組み

社会との共生

社会との共生を目的として、クリーン作戦や清掃活動などの取組みを行っています。

社会との共生(国内)

雨水溝への油分流出リスク対応【宮崎工場】

宮崎工場北側の雨水溝は、上流に重油と灯油の貯蔵所がある。下流には油水分離槽も設置してあるが、より外部流出のリスクを抑えるために下記改善を行った。

  1. 上図2か所に簡易分離槽を設置
  2. 分離槽は油膜が確認可能なグレーチングとし、有事に備え吸着剤を設置

周辺地域清掃活動(国内拠点)

工場敷地近隣のゴミ拾い、工場敷地構内(屋外)の清掃を手分けして2回 / 年実施。

石崎川水系保全活動(宮崎地区)

本社・宮崎工場の北側を流れる石崎川へ、近隣小学生と一緒にふなや鰻の稚魚を放流しました。

ビーチクリーン活動(宮崎地区)

ホンダカーズと自治体が主催し、ホンダが協力するビーチクリーン活動に参加しました。

社会との共生(海外拠点)

会社周辺2S活動【HLG】

会社敷地外周辺で全従業員2S活動を展開しました。

マングローブ林の植林及び橋修理の活動【HLT】

HLT従業員は海岸周辺の住人と一緒に環境保全活動および海岸の海蝕を防ぐため、マングローブ林の植林活動並びにマングローブ林の橋修理を行った。

環境教育活動【HLB】

HLB従業員はマナウス日本人学校の生徒達を対象とした環境勉強会を参画しました。

全従業員による使用済み電池の回収キャンペーン【HLS】

全てのHLS従業員は、自宅から使用済みのバッテリーをHLS内で回収し、正しく処分するよう指示しました。

全員参加型の環境保全活動を国内・海外事業所で推進しています。